インナーマッスル 骨盤

インナーマッスルと骨盤

インナーマッスルを鍛えることで骨盤の歪みを予防して引き締まった下半身を手に入れることができます。下腹ぽっこりが気になる人は多いです。食事制限を行ったり、ウォーキングをするだけでは引き締まらないと思います。骨盤のまわりのインナーマッスルを鍛えないといけないのです。

 

骨盤のまわりでは、子宮や膀胱などを支える骨盤底筋があり、内臓をしっかりと落ちないように支える働きがあります。しかし骨盤底筋の力が低下すると内臓が下へ下がってきます。これにより下半身が太くなるというわけです。ですからインナーマッスルと骨盤の関係を考えれば、まわりを支える筋力を鍛えることがいかに大切かがわかると思います。正しいトレーニングをしてしっかりと鍛えましょう。

 

ただ筋肉をつけるだけではダメで、インナーマッスルを鍛える方法で行わないといけません。これにより骨盤の歪みも正しく元の位置に戻すことができます。歪みがあると健康や美容にとって悪い影響を与えることになります。理想の体型に近づけないのも骨盤が影響していると思います。

 

インナーマッスルと骨盤をしっかりと鍛えることが大切です。

 

スポンサードリンク