大腰筋 骨盤

大腰筋と骨盤の関係

大腰筋と骨盤の関係について説明したいと思います。まず大腰筋とはどんな筋肉か説明します。上半身と下半身を繋ぐ筋肉で、筋力が弱くなると骨盤が上半身を支えることができなくなり、それが原因で歪みとなり、健康に害を及ぼすことになります。

 

骨盤の歪みに悩んでいる人は大腰筋を鍛えることが大切です。日常生活の何気ない癖が原因となっています。大胸筋も弱くなりますし、骨盤も歪みます。まずは正しい姿勢で座る、歩く、立つなど意識して改善することが重要です。運動不足の人は大腰筋も弱っています。鍛えるような運動をすることが大切です。エクササイズをするのも良いですが、歩く時に大腰筋を使うようにすると効果的です。

 

できるだけ歩く速度は速く、そして大股で歩くようにすると筋肉は良く伸びます。また左右の脚の着地地点を同じラインにすると良いです。大腰筋と骨盤の関係は密接だということがわかったと思います。日常生活で行っている癖は直すこと、そして常に正しい姿勢が保たれるようにすることです。ウォーキングは大腰筋と骨盤をしっかり正しく動かすことを意識しましょう。

 

スポンサードリンク